結婚は適齢期が来れば誰でも自然にできるという保証はないため、結婚希望の女性のために婚活での出会いから結婚までをアドバイスしましょう

Menu ▼
 TOP婚活に向けての心構えと自分を知ること婚活は時代の要請
結婚前に知っておきたい本当の愛について
婚活に向けての心構えと自分を知ること
婚活での出会いの大切さと留意事項
婚活成功のための出会後の恋愛法則
婚活成功のための男の惹きつけ方
婚活による結婚相手の選び方
婚活から結婚へのステップアップ
【参考】
結婚相談所の基礎知識
【関連サイト】
結婚の準備ガイド

婚活は時代の要請


男性の25〜29歳では、70年代では「2人に1人が独身」でしたが、現在は「10人に7人は独身」となっています。

このように未婚率が上昇を続ける背景には、次のようなことが考えられます。



@ 個人主義の浸透

個人主義の観点から、独身でいることに対する社会的な抵抗が昔に比べて格段に低くなっており、就労して得られた時間的・金銭的な余裕をもっと自分個人のために使い充足感を得ようとする男女が増加した。

A 男女間の意識のミスマッチ
女性は結婚して子どもができれば仕事を辞めざるを得ず、どうしても男性の収入を当てにして男性に対して高望みをするようになりますが、男性からすれば「給料は頭打ちなのに、女性は金がかかる。子ができればなおさら。」ということで、意識のミスマッチが大きな原因だと考えられています。

いずれにしましても、原因がわかったところで、社会の風潮を元に戻すことは出来ません。

そんな時代だからこそ、結婚するためには結婚するための強い意志とそのための『婚活』の努力が必要になっているのです。

不思議なことに、未婚率が上昇しているから、結婚したくないのかといえば、決してそんなことはなく、ほとんどの男女がが結婚したいと真剣に考えているのです。



「結婚したい」というニーズはあるのですから、ここに婚活の重要なポイントが潜んでいるのです。


上記で少し触れていますが、要は「結婚相手に求める基準が高くなっている」ことが大きいと言われています。

1970年代・1980年代では、適齢期を迎えた若い男女が独身でいると、親や近所のおばさん、あるいは親戚や上司の紹介でお見合いを勧められ、良縁があればそのまま結婚するケースが多く、「どうしても駄目なら、お見合結婚でもするか」という考えが浸透していました。

しかし、社会の変化に伴って若者の考え方も変わり、お見合い結婚ではなく、恋愛して結婚したいという流れになってきました。

現在、結婚を功利的に考え、自分にメリットがあるかどうかで考える風潮が強くなっており、経済的に楽になる、家事が得意などの直接的なメリットはもちろん、相手が若くて美人とか、イケメンだから、友達に紹介しても恥ずかしくない、など自分が享受できるメリットを強く求めるようになっているのです。

だからこそ、自分の価値を高めて結婚相手を探すという、「婚活」がどうしても必要になっているのです。

ただ、こういう功利的な理由で結婚することが、将来にわたって実りの多い結婚生活になるかどうかは、全く別モノでありますので、お間違いのないように。






婚活に向けての心構えと自分を知ること
婚活とは
未婚と非婚の違い
婚活は時代の要請
陰陽から見た結婚の意義
結婚は座して待っていてもやってこない
結婚のチャンスは人生に何度もない
男は何よりも若い女性を本能的に好む
女性の結婚には旬(しゅん)がある
「理想の男がいない」と言う前にまず婚活
男が結婚で選ぶ女性の基準を知ろう
婚活とは「女が男を選ぶ」こと
婚活は夢を追うのではなく賢明な決断が大切
「結婚したい」ではなく、「結婚する」という気持ちが大切
20代前後の結婚によるメリット・デメリット
30代前半の結婚によるメリット・デメリット
40代前後の結婚によるメリット・デメリット
「いい人がいない」と嘆いているあなたへ
結婚に至る婚活のダンドリを知っておくこと






初めての妊娠・出産・育児のためのお役立ち情報
男性の恋愛心理を知って、好きな彼をゲットしよう
男を落とす恋愛テクニック
大人のための血液型診断
モテる男・モテる女の恋愛メールテクニック
幸せを呼び込む宇宙の法則
しぐさから恋愛相手の心理を知ろう
結婚できない女性のための恋愛モテ講座
男心を虜にする小悪魔女子の恋愛術
お金の貯め方・使い方・増やし方と税金対策
うつ病の診断・原因・症状・治療と接し方
しぐさ・癖・見た目でわかる性格・恋愛心理・深層心理
運勢占い(恋愛・相性・結婚・性格)
睡眠・快眠で健康・美容・ダイエットをしよう

Copyright (C)2015. 婚活での出会いから結婚までのアドバイス All rights reserved.